MENU
ゆたか
ガジェットオタク
都内在住。ガジェット、AI、コーヒー、自然が好きな30歳代男。3児の父。本業は理学療法士。ほかに高齢社会エキスパート、福祉住環境コーディネーター2級、健康経営アドバイザーの資格を取得。仕事の傍ら趣味でブログをしているから更新頻度低め。生活を豊かにするガジェットやアイテム、暮らしに関する情報を発信していく。

iPhone12からiPhone15 proへ機種変更して1か月! 〇〇が進化 機種変更おすすめ理由4つ

  • URLをコピーしました!

iPhone15 pro争奪戦に敗れて、発売当日に手に入れることはできなかった。しかし、それから2週間ほどしてやっと手元に来た。1か月使用して特にiPhone12からバッテリーの進化を特に体感した。その他にもいくつかの進化点を発見した。

結論から言うとiPhone15 proへの機種変更はおすすめだ。iPhone歴10年の僕がなんでそう思ったのか解説していく。

目次

バッテリー持ち

バッテリー容量については公式からは非公表のため容量については不明。
バッテリー持ちはiPhoneではPC Mark for Androidを使用できないので僕自身が実際に使用してのバッテリーの減り具合で伝えていく。

バッテリー持ちが向上し、充電回数が減った

iPhone12は朝8時くらいから使用して、夕方くらいにはモバイルバッテリーがないと充電に不安がある。時には充電も必要だ。

しかしiPhone15 proだとネット検索、Youtube再生、GPSを使用してのマップ検索、リフレッシュレート120Hz駆動でも夜の8時時点で30%くらい残っており、モバイルバッテリーを持たず外出しても安心して使うことができる。

もちろん節約モードの使用やリフレッシュレートを落とせばさらにバッテリーの稼働時間は伸びるだろう。

生活する中で充電回数にも変化が見られた。充電回数が減った。iPhone12では1日1回充電しなければ次の日が困っていた。しかしiPhone15 proは仕事のある平日であれば、仕事でiPhoneを使わないのもあるが、2日に1回になった。頑張れば3日に1回でもいいくらいだ。

そのくらいバッテリー持ちに関しては進化していることを実感する。

カメラ性能

カメラ性能については、iPhone12が3世代前のモデルでiPhone15 proはproモデルということもあって比較するのも少しかわいそうなんだけど、画質の面で進化を感じられる。

昼間のメインカメラ

iPhone15 pro

iPhone12

iPhone15 proのほうが遠くのものまで鮮明に建物のラインなどをとらえることができている。また右上の太陽の光の照りかえりがiPhone12では白飛びしているが、iPhone15 proは白飛びせず壁の素材感まで写せている。

昼間の超広角カメラ

iPhone15 pro

iPhone12

画角はiPhone15 proのほうが画角が広く、建物のシルエットもくっきり写せている。iPhone15 proのほうが植物の緑の色味も濃いか?同じくiPhone12では太陽光の照りかえりが白飛びしている。

夜間のメインカメラ

iPhone15 pro

iPhone12

iPhone15 proのほうがライトに照らされている看板が白飛びせず被写体をとらえている。

夜間の超広角カメラ

iPhone15 pro

iPhone12

iPhone12のほうがノイズが強くなり、特に遠くの建物がざらざらとした印象が出てくる。

画面の大きさ

iPhone12もiPhone15 proも同じ6.1インチディスプレイとなっている。

しかし、iPhone15proではダイナミックアイランドが採用されており、ノッチのあるiPhone12と比較して表示領域が広い。若干ではあるけど表示できる文字数もiPhone15 proのほうが多いか?またiPhone15 proのほうが横の淵であるベゼルも狭くなっている。

これによりディスプレイサイズが同じであってもYoutubeなどを視聴するとiPhone15 proのほうが大きく感じられる。

USB-Cへの変更

待ちに待ったLightning端子からUSB-Cへ変更となった。今のガジェットはUSB-Cが多いからケーブル1本で充電からデータ転送までなんでもできる。今回のこの変更により利便性が劇的に向上した。

しかもデータ転送速度がかなり速い。Lightningケーブルは480Mb/sに対して、USB-Cが10Gb/sなんだ。写真はもちろん、4K動画もあっという間に転送できる。

Face IDの認識速度の向上?

Face IDについては、公式サイトを見ると特にiPhone12とiPhone15 proで違いはないはずなんだけど、主観的には認識速度が上がっていると感じる。またマスクなどをつけていても認識率は向上している印象。

もしかしたらA14チップからA17proチップへの進化によって処理速度の向上などが影響しているのかも?

処理速度

僕は重たいゲームをほとんどしないので処理速度については、正直さほど実感はない。ネット検索程度であれば読み込み速度の差を実感することはない。

原神などの重たいゲームをするのであれば、違いが顕著に出てくるだろう。

参考までにAntutuベンチマークの結果を載せる。

iPhone12のベンチマーク

iPhone15 proのベンチマーク

Antutuベンチマークはスコアの基準が以前より数値が出るようになっているため、現在の基準がわかりづらい。しかし、最新のSnapdragon8 gen3が160万点程度らしいので、性能的には申し分ない。

まとめ

スマホの悩みはなんといってもバッテリー持ちだろう。ここが大きく進化しているのは個人的にはとても評価したい。

今や、写真といえばスマホで撮るのが当たり前。スマホの画質をはじめ、全体的に機能が底上げされたこともうれしい。写真は思い出になる。気軽に写真を撮れて、いつまでも思い出を鮮明に残せて振り返られるのは楽しい。

以上、iPhone15 proを使ってみて感じた進化と変化から機種変更をしてよかったと思っている。iPhone12やそれ以前の機種からの機種変更であれば進化を体感できると思う。機種変更を検討している人はたくさんいると思うからそんな人の背中を押す記事になれたらいい。

以前にiPhone12とiPhone15 proの比較をまとめた記事もあるからこちらも参考に!

iPhone15 proとiPhone12 比較 変化は何? – ここブロ (coco17.net)

SNSもお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次